WSL2 へのアップグレード Part2

Windows

前回の記事に続いてWSL2 へアップグレードを行います。

アップグレードに関しては下記を参考にしてアップグレードを行いました。

【参考】Windows 10 用 Windows Subsystem for Linux のインストール ガイド

スポンサーリンク

WSL2 へアップグレード

WSL 2 へアップグレードする前に、「仮想マシン プラットフォーム」 オプション機能を有効にする必要があります。

「仮想マシン プラットフォーム」 オプション機能の有効

管理者として PowerShell を開いてください。

PowerShell を右クリックすると「管理者として実行する」が表示されますのでクリックしてください。

PowerShell が立ち上がりましたら下記コマンドを入力してください。

 dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

上記コマンドを実行。

「操作は正常に完了しました。」と表示されればOKです。

一度 Windows を再起動します。

再起動後、再度 PowerShell を管理者として開きます。

WSL 2 を既定のバージョンとして設定する

新しい Linux ディストリビューションをインストールする際の既定のバージョンとして WSL 2 を設定します。

下記コマンドを実行します。

 wsl --set-default-version 2

エラーが発生しました。。
エラー:0x1bc

エラーの原因に悩みましたが、参考としたインストールガイドでは Linux ディストリビューションをインストールしていないことを前提としたガイドでした。

私の環境はすでに Ubuntu がインストールされている環境でしたのでエラーが出たようです。

念のため確認

wsl -l 

Ubuntu がインストールされていますのでこの場合は下記コマンドを実行します。

wsl --set-version Ubuntu-18.04 2

今度はエラーもなく変換が開始しましたのでしばらくお待ちください。私の環境では1分ほどで終わりました。

カーネルコンポーネントの更新

上図には「カーネルコンポーネントの更新が必要」と表示されていますので、表示されているサイトへアクセスします。

Install WSL on Windows 10
Learn how to install Linux distributions on your Windows 10 machine, with a Bash terminal, including Ubuntu, Debian, SUSE, Kali, Fedora, Pengwin, and Alpine.

赤枠内のリンクをクリックすると「wsl_update_x64」がダウンロードされます。

実行してください。

上図の画面が表示されますので「Next」をクリックします。

ファイルのコピーが開始します。

「Finish」をクリックしてください。

終わりましたら再度下記コマンドを実行します。

wsl --set-version Ubuntu-18.04 2

次に WSL 2 を既定のアーキテクチャにしたいので下記のコマンドを実行します。
(冒頭でエラーが出たコマンドです)

 wsl --set-default-version 2

上図の表示がされればOKです。

これで WSL2 が既定のバージョンとして設定されました。

WSL2の設定確認

WSL2 に本当に設定されているか確認をします。

wsl --list --verbose   // 「--verbose」オプションは WSL2 から使用できるオプションです。

赤枠内が「2」となっていますので、WSL2 へ設定されています。

Ubuntu の起動

Ubuntu の起動確認をします。

スタートメニューより Ubuntu をクリックしてください。

無事に Ubuntu が起動しました。

あとは再度 WSL でRuby on Rails の環境を再構築したいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました