Git よく使うコマンド一覧

Mac

よく使うGitコマンドをまとめました。

スポンサーリンク

コマンド一覧

初期設定

#ユーザー名登録
git config --global user.name "名前"

#E-mail登録
git config --global user.email ‘E-mailアドレス

#コミット時のエディタの登録
git config --global core.editor "code --wait" 

#「git init」  時のデフォルトブランチ名の変更     
git config --global init.defaultBranch main

#任意のディレクトリを git 管理下に置く
git init ディレクトリ名

#設定確認
git config --global --list 

#リモートリポジトリ登録                                      
git remote add origin git@github.com:リモートリポジトリ名.git  

リモートリポジトリへプッシュするまで

#コミットログの確認
git log

#git 管理ディレクトリの状態の確認
git status

#すべてのファイルをステージングする
git add .

#変更点をコミット(セーブ)する
git commit
※設定エディタが立ち上がりコメントを入力

[-m] オプションをつけるとコメントを含めて一括コミットできる。
git commit -m "コメント"

#リモートリポジトリへプッシュ
git push -u origin main
※ [main] 部分はプッシュしたいブランチ名

branch コマンド

#ブランチ一覧
git branch -a

#現在のブランチ名の変更
git branch -m ブランチ名

#マージ済みのブランチ削除
git branch -d ブランチ名

#ブランチの強制削除
git branch -D ブランチ名

#ブランチの切替え
git checkout ブランチ名

#ブランチを作成してそのまま作成したブランチへ切替え
git checkout -b 作成したいブランチ名
 ※下記と同じ
git branch 作成したいブランチ名
git checkout 作成したブランチ名

remoteリポジトリ系コマンド

#リモートリポジトリ登録
git remote add origin git@github.com:リモートリポジトリ名.git

#リモートリポジトリの変更
git remote set-url origin 変更したいリモートリポジトリURL

コメント

タイトルとURLをコピーしました